RECOMMEND

Perm

agepicogramのオリジナルパーマ

#アージュピコグラムパーマ by instagram

おすすめコースメニュー

Recommended course menu

柔らかい質感と艶。ダメージ毛の方にもオススメ

クリニックパーマ(CUT込み)
¥11,200~

システアミン系の薬剤と、ミネラルTRを使用しパーマをかけることで、より柔らかい質感と艶が出しやすいです。また、ダメージ毛の方にもオススメ出来るメニューです。

agepicogramではパーマでのウエーブスタイルやカールスタイル、さらにニュアンスパーマでちょこっと曲げるなど、パーマでのスタイル提案を得意としています。ぜひアージュのオリジナルパーマを体験してください。

agepicogramオリジナルパーマの特徴

01

カットが重要

パーマをかけるにはというよりも、ヘアースタイルを作るうえで一番大事なのはヘアカットです。
agepicogramでは外部講師を務めるオーナーのもとで、骨格に合わせたヘアカットを学び、時代に合わせたカット技術を提供しています。ヘアスタイルは上質なヘアカットが命です。

02

ダメージが少ない

「パーマは痛む」というイメージを持っているお客様は意外と多いと思います。確かにパーマは髪にダメージを与えます。
しかし適切な技術コントロールでダメージは激減するのです。
agepicogramでは髪の毛の弾力を残すよう施術をしています。
これはダメージに直結する薬液放置時間を減らすことで可能となるのですが、当店ではスタッフ全員がこれをマスターし、弾力のあるダメージの少ないパーマ施術を行っています。

03

皮膚に影響が出る一液を頭皮に付けません

agepicogramオリジナルパーマはパーマ時の「頭皮への液だれ」「皮膚がしみる」などの不快感がありません。
独自に研究したかけ方でパーマでの皮膚炎をゼロにする試みをしています。
またこのオリジナルパーマはダメージ軽減や、弾力を残すことにもつながっています。

04

時間短縮

薬液放置時間を短くすることで、時間も大幅に改善。気軽にパーマをお楽しみいただけます。

パーマについて

パーマには、いわゆる普通のパーマの「コールドパーマ」
そして熱を使って乾燥工程を入れる「デジタルパーマ」
温風での乾燥工程を入れる「エアウェーブ」
と、よく耳にするパーマの種類で言うとこの3タイプのパーマ。
パーマをかけるには、すべてパーマ液を使います。
そのパーマ液で髪の内部にあるシスチン結合という結合体を切断し、カールをさせた状態で2液を付けて、切断させた結合をもう一度くっつけて、パーマの完成です。
この作用事態はどのパーマも本質的には一緒です。ではこの3種類のパーマはどこが違うのか。
 
コールドパーマの場合、髪が濡れてる状態でロッドを巻き、その上にパーマ液を付け、パーマがかかったかを確認し2液を付ける。
 
これに対して、デジタルパーマの場合、
まず1液をつけ、
カールが出るような状況に髪の内部がなってるかを確認し、一度その薬をきれいに流し、そのあとで、ロッドを巻きます。
そして、ロッドを発熱させて水分を飛ばします。
そして水分を飛ばした後に2液で固定。という具合です。
 
この二つのパーマの決定的な違いは、髪の毛が濡れた状態でそのまま施術が進んでいくコールドパーマに対し、デジタルパーマの場合は一度乾燥させるというところ。
コールドパーマの場合、濡れたままで施術が進んでいく。
髪への指令を濡れた状態のときを前提に与えてるという感じです。
濡れてるときはいい感じにウエーブが出てるのに、乾くとだれてしまう。これがコールドパーマの良さでもあり、欠点でもあります。
この反対にデジタルパーマの場合は、ロッドが巻かれてる時に乾燥状態にします。
このとき、乾いた状態でカールが一番きれいになる様に!!という指令を髪に与えてるんです。
なので、デジタルパーマの場合、普段自分でセットしたときに、再現性が高くなるということです。
これにより、セットがしやすいというメリットはありますが、熱を加える施術なため、コールドパーマに比べダメージは多く出てしまいます。
そしてエアウエーブはこの両者のおいしいとこ取りと言いますか。
乾燥状態を熱ではなく、風で作るため、ダメージの点ではデジパーよりも低く。
コールドパーマと比べると、乾燥状態を工程の中で作るのでカール感や持ちが良くなります。
デメリットとしては、どっちつかずな質感のため、普通のパーマと変わりないじゃん!!てきな感じも否めません。
 
という具合です。
で、うちのお店はエアウエーブやっていないのですが、コールドパーマ、デジタルパーマ共に共通して言えることは、1液の時間を最小限にとどめるようにすること。
1液がパーマをかけるにあたっての肝になることは当たり前ですが、この1液が髪のダメージにも1番にかかわる部分なのです。
なので、アージュではこの1液の放置時間を極力少なくし、髪が本来持つハリやツヤを損なわないような施術を心がけています。
皆様、あんしんしてパーマをかけに来てくださいね^^