This error message is only visible to WordPress admins

善光寺ご開帳

こんにちは!先日、実家に帰るついでに善光寺のご開帳に行ってきました!

ご開帳とは、善光寺のホームページからコピペさせていただいて、説明させていただきます。

 

善光寺の御本尊「一光三尊(いっこうさんぞん)阿弥陀如来」は、ひとつの光背の中央に阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩が並ぶ、善光寺独特のお姿をされています。白雉5(654)年以来の絶対秘仏であり、鎌倉時代に御本尊の御身代わりとして「前立本尊」が造られました。普段は御宝庫に安置されていますが、七年に一度の御開帳の時だけ、特別にお姿を拝むことが叶います。
前立本尊中央の阿弥陀如来の右手に結ばれた金糸は五色の糸に変わり、白い「善の綱」として、本堂前の回向柱に結ばれます。その回向柱に触れることは、前立本尊に触れるのと同じこと。ここにありがたいご縁が生まれ、その功徳ははかりしれません。(善光寺ホームページから)

 

平日でも混んでいたので、残念ながら前立本尊は拝む事が出来ませんでしたが、回向柱には触る事ができました!ありがたい気持ちになりました〜(o^^o)

本当は、昨年の開催予定でしたが、コロナで1年延長されて、今回は8年ぶりのご開帳です

6月末までなので、まだ間に合いますので善光寺ご開帳おススメですよー♪